【カウンセラーのための】どうして無料セッションばかりで有料セッションにつながらないのか?

投稿日:2017年6月23日 更新日:

 

アタマでは分かっているのに、なぜか動けない原因

「無料セッションばっかりで有料セッションにつながらない…」
「値上げできない…」
「クロージングできない…」

とお悩みのカウンセラーさんへ。

アタマでは分かっているのに、なぜか動けないのは、原因がありました。

才能がないからでも、技術が足りないからでもありません。

実は、「メンタルブロック」という、成功を邪魔する「考え方」が原因でした。

 

金持ちカウンセラー と 貧乏カウンセラー

なぜかうまくいかないと悩む一方で、うらやましくなるくらいクライアントを獲得して、「申し込む人なんているの?」というくらい値上げをして、ちょっと強気なクロージングをするカウンセラーさんもいます。

「月商7桁なんて軽いわ〜」

という声が聞こえてきそうです(笑)

ちょっとズルく思えてくるかもしれませんね…(笑)

この「金持ちカウンセラー」と「貧乏カウンセラー」の違いは何でしょうか?

(注:分かりやすくするため、このような対比表現にしております)

持って生まれた性格や才能、あるいは技術の差でしょうか?

いいえ、違います。

先に書いた通り、「考え方」の違いです。

金持ちカウンセラーはうまくいく考え方を持っています。

貧乏カウンセラーはうまくいかない考え方を持っています。

「え? 考え方だけでそんなに変わるの?」

と思いますよね。

より正確に言うと、こんな感じです。

金持ちカウンセラーは自然とうまくいってしまう考え方を持っています。

貧乏カウンセラーはいつまで経ってもうまくいくはずがない考え方を持っています。

いかがでしょうか?

何となく、「考え方」が重要かもしれない、と感じて頂けたのではないかと思います。

そして、この「いつまで経ってもうまくいくはずがない考え方」こそが、「メンタルブロック」です。

 

では、具体的な違いを見ていきましょう。

 

貧乏カウンセラー と 金持ちカウンセラー の違い

では、貧乏カウンセラーと金持ちカウンセラーとの「考え方の違い」をご紹介しますね。

11個の例を挙げていますので、「メンタルブロックってそういうことね!」と感じて頂けるかと思います。

まずは「ふんふん、なるほど…」くらいで軽く読んでみてください。理屈を考えすぎると、「なんでやねん!」「わからん!」となりがちです(笑)

 

(び:貧乏カウンセラー、か:金持ちカウンセラー)

 

び「無料セッションばっかりで有料セッションにつながらない…」

か「目の前の相手は、私のセッションを受ければもっとハッピーになる! 有料セッションを案内するのは当たり前。案内しないのはありえない。ただし、売り込みはしない。なぜなら、相手は自分で考えられる人だから。案内した後に、ただ『どうしますか?』と聞くだけでいい」「価値あるものを無料で提供し続けるのはおかしい。有料で提供するのが正当」

 

び「値上げできない…」「私が高額報酬を頂くのはおこがましい」

か「私が提供できる価値、クライアントが得られる未来、これまでにつちかってきた経験、これまでに投資してきた時間やお金などを考えると、正当な対価を頂くのは当然。堂々と定価を請求する。理解してくれる方だけに買ってもらえればいい」「価格は決意の現れ。高額報酬を頂く分、徹底的にクライアントをサポートする!」

 

び「クロージングできない…」

か「十分な情報提供をしたし、買い方もお教えした。後は、相手の判断にゆだねる。相手を説得したり、変えようとしない。ただ『どうしますか?』と聞くだけでいい」「クロージングは相手のために行う。相手から奪う行為ではない。クロージングしないと、自分に必要なのかどうか本気で考えられないから行う」

 

び「もっと学ばないといけない」

か「学ばないといけないからではなく、学びたいから学ぶだけ。学ばなくてもOK」「今のままの自分でも十分クライアントに貢献できるけれど、もっと貢献している自分が好きだから、学ぶだけ」

 

び「自分にはまだセミナーは早い」

か「完璧を目指すのはいいけれど、完璧でないといけないわけではない。自己評価30点でスタートして、後は経験(世間では失敗と呼ぶ)から学んで、どんどん改善していく!」「まずは仲のいい友人3名を相手に、カフェで話を聞いてもらおう。いけそうなら続けるし、ダメそうなら止めればいい」

 

び「批判やクレームが来たらどうしよう」

か「批判やクレームが来るのは、自分を分かって欲しいという欲求の現れにすぎないことが多い。また、批判やクレームがあったからといって、私自身の存在を否定されたわけではない。全てを真に受けず、事実だったら改善すればOK」「批判やクレームがあったら、仲のいい友人にグチを聞いてもらうか、自分にご褒美をあげようっと(笑) 温泉にでも行こうかな」

 

び「もっとよい方法はないだろうか?」

か「結局、確実な方法なんてない。少しずつ試しながら改善していくのが最短ルート。まずはアイディアを100個挙げてみて、できることを選んでみよう」「ある日突然に誰でも成功する方法なんてない。周りにいる成功者も、借金を抱え込んでどん底を経験したり、色んな経験を積み重ねてきて今がある」

 

び「失敗したくない」

か「失敗なんてない。失敗だと思ったら失敗になるだけ。失敗ではなく、経験だと思えばいい。失敗を繰り返すほどに、成功に近付く。だから、人の3倍失敗すればいい」「失敗から学べることは本当に大きい。だから、さっさと小さい失敗を積み重ねるのがいい」

 

び「私の文章なんて読んでもらえない」

か「私の文章は確かに万人受けはしないかもしれない。でも、まずはごく少数でいい。読んでくれる人がもし1人でもいてくれたら、その人のために書く」「読みたいと言ってくれる人がいるのかは分からないけれど、逆に、読みたい人がゼロなのかも分からない。分からないなら、自分が書きたいから書く」「必要な人だけに届けばいい」

 

び「一番楽な方法は何だろう?」

か「楽をしたい人のところにクライアントは来ない。また、楽できたらいいなあとは思うけれど、私が本当に求めているのは楽をすることではない。本当に求めていることが明確になので、そのために毎日動きたくてたまらない」「最終的にいつか楽になれば嬉しい。でも、たとえ時間的には忙しくても、毎日が充実している方が幸せ」

 

び「1年以上先の長期的なことは考えられない」

か「短期的な視点も重要だけれど、長期的な視点で考えないと、判断基準がブレてしまう。どうしても目先の快楽を優先してしまいがちになる。どうしたら、長期的な視点で考えられるようになるだろう? 毎週、毎月、長期的な視点で生き方を見つめる機会を作ろうか」「日常の中では、なかなか長期的な視点で考えられない。リゾートに滞在して、非日常の中でじっくり考えてこよう」

 

いかがでしょうか? イメージ通りでしたか? それとも、違いましたか?

貧乏カウンセラーと金持ちカウンセラーの「考え方の違い」が何となくお分かり頂けたなら幸いです。

つい、表面的な目に見える違いにフォーカスしてしまいがちですが、目に見えない考え方の違いにフォーカスすることが重要です。

考え方こそが違いを生む真の原因ですから。

 

メンタルブロックは取り除ける

ここまで読んで頂いて、

「金持ちカウンセラーと貧乏カウンセラーの違いはメンタルブロックだと分かったけど…、貧乏カウンセラーはずっと貧乏カウンセラーのままなの!?」

と思う方もいますよね。

大丈夫。安心してくださいね。

「考え方は変えられる」からです。

ということは、「メンタルブロックも取り除ける」ということです。メンタルブロックは考え方の一種ですからね。

こう書くと、催眠術とか洗脳とか言われそうですが(笑)そうではないんですよ。幼少期の深いトラウマを外すような大きなことをやるわけではないので。

なぜなら、(特にビジネスでの)メンタルブロックは大人になってから身に付いたものだからです。最近付いたものですから、取り除くのも簡単なんですよ。

例えば、幼少期から「無料セッションばっかりで有料セッションにつながらない…」「値上げできない…」「クロージングできない…」なんて悩んでいませんよね?(笑)

ごくごく最近の話でしょう。

ですから、メンタルブロックは取り除きやすいのです。

洋服を脱ぐようなものです。

 

メンタルブロックを取り除くには?

では、メンタルブロックを取り除く方法をご紹介しますね。

メンタルブロックを取り除くには、次の5ステップで進めていきます。

■メンタルブロックを取り除く5ステップ

ステップ1 まず気付く
ステップ2 本当はどうしたいかを明確にする
ステップ3 どう考えたらよいかを決める
ステップ4 反復する
ステップ5 いつの間にか取り除けている

 

■ステップ1 まず気付く

まずは、「自分にはどんなメンタルブロックがあるのか?」に気付くことが重要です。そうでないと始まりませんから。

そして実は、気付けば8割完了!です。気付けば、後は何とか対応できますからね!

具体的には、次のように思ったときにメンタルブロックがあると気付く方が多いようです。

 

「無料セッションの終わりに、なぜか有料セッションを案内できない…」

「自信を持って提案できない…」

「みんなに値上げしたらと言われても、なぜか値上げできない…」

「何て言ったらいいのか分からなくて、クロージングできない…」

「お客様が離れそうで、ブログやメルマガで売り込みできない…」

 

ポイントは、「アタマでは分かっているのに、なぜか動けない」ということ。日常の中で、思い当たる状況がないか、ぜひ振り返ってみて、紙に書き出します。

過去の出来事を思い出して、イヤ〜な気持ちになるかもしれません。もちろんOKです。それでも、淡々と書き出してみてくださいね。

後でお釣りがくるくらい、大きなご褒美がもらえますから!

まずは気付くこと。気付けば8割完了です!

 

■ステップ2 本当はどうしたいかを明確にする

ステップ1で挙げたメンタルブロック一つずつについて、「では、どうなったら嬉しいのか?」を書き出してみます。

例えば、「無料セッションの終わりに、なぜか有料セッションを案内できない…」というメンタルブロックなら、「無料セッションの終わりに、有料セッションを案内できている」あたりでしょうか。

ここで終わりではありませんよ!

続いて、「では、どうなったら最高に嬉しいのか?」を書き出してみます。できるかどうかはこの時点では無関係です。自由に書き出してみてくださいね。

「無料セッションの終わりに、有料セッションを案内できている」なら、「無料セッションの終わりに、クライアントから『ぜひお願いします!』と言われている」だったらどうでしょう?(笑)

おっと。まだここで終わりではありませんよ!

続いて、「その結果どうなっているのか?」を書き出してみます。あなた自身について、あなたの周りについて、自由にイメージしてみてくださいね。

「無料セッションの終わりに、クライアントから『ぜひお願いします!』と言われている」なら、「その結果、日本一予約の取れない人気カウンセラーとしてテレビに取り上げられる。クライアントもみんな自分らしく幸せに生きている」だったらどうでしょう?(笑)

ここまでくると、「本当はどうしたいのか?」がかなり明確になっているはずです。

ちょっとふざけた感じのイメージでちょうどよいかも(笑) ぜひ自由にイメージしてみてくださいね。

 

■ステップ3 どう考えたらよいかを決める

次は一気に現実に戻ります(笑)

ステップ2で考えたイメージを当たり前のように実現している人は、「どんな考え方を持っているのか?」を考えます。

「無料セッションの終わりに、クライアントから『ぜひお願いします!』と言われている」カウンセラーで、「その結果、日本一予約の取れない人気カウンセラーとしてテレビに取り上げられる。クライアントもみんな自分らしく幸せに生きている」としたら、一体どんな考え方を持っているでしょうか?

思い付く限り、たくさん自由に紙に書き出してみます。直接ビジネスに関係なくてもOKです。

例えば、こんなことが挙げられます。

 

「自分のカウンセリング技術に絶対の自信を持っている」

「大丈夫。自分もクライアントもみんなハッピーになる。目の前のクライアントの幸せや成長にフォーカスしていればいい」

「いい意味でお金が大好き。お金=ハッピー」

「いいものにお金を払うのは当たり前だから、高額報酬を頂くことにも抵抗がない」

「断られるかどうかなんて全く考えていない。なぜなら断られると思っていないから」

「カウンセリングを売るのではなく、広めたい」

「自分は自立している。相手を変えようとしない。自分の考え方を変えればいい。この考え方が自由を作る」

「自分は愛されている人間。愛されてもいい人間」

 

この中から、自分でしっくりくる考え方を選びます。複数選んでもOKです。これが、あなたが「どう考えたらよいか?」になります。

ステップ2とは異なり、あまり現実離れした考え方ではなく、ウキウキワクワクする考え方や、自分らしくてムリのない考え方にするのがよいようです。

 

■ステップ4 反復する

ステップ3で選んだ「どう考えたらよいか?」を「反復」して自分の脳にインストールしていきます。

あ、毎日朝晩唱えましょう、なんて言いませんよ!(笑)

日常の中で、メンタルブロックが発動したなあと思ったときに、ステップ3で選んだ「どう考えたらよいか?」を見直してみるだけです。

例えば、「また無料セッションの終わりに有料セッションを案内できなかった…」としたら、「大丈夫。私は愛されている人間。愛されてもいい人間。次またトライすればOK! それでもダメならまたトライすればいいじゃない!」と思えばよいのです。

違和感があるなら、少しずつ変えてみればよいでしょう。

ただこれだけ。拍子抜けしましたか?(笑)

セールスやクロージングの練習をしたければしてもよいと思います。でもね、おそらく不要です。

なぜなら、技術はもう十分に備わっているからです。

考え方を変えればいいだけです。

ポイントは、一度で何とかしようとは思わないことです。一度で何とかしようと思うと、できなかったときにツラくなってしまうからです。

「何となく眺めてみる」くらいがちょうどよいでしょう。

気軽な感じで反復してみてくださいね!

 

■ステップ5 いつの間にか取り除けている

日常の中で何度か反復しているうちに、「自分にはない考え方だなあ」と違和感を感じていたとしても、少しずつ自分のものになっていきます。

そうして、気付いたら、「いつの間にかメンタルブロックを取り除けている」はずです。

「1週間で取り除いてみせる!」などと期限を決めなくてもOKです。むしろ、期限は決めない方がいいでしょう。逆効果ですから。

なぜかというと、執着を生んでしまうからです。メンタルブロックを固く握りしめてしまって、かえって手放せなくなります。

例えば、「1週間後の旅行までに何とか痩せたい。今まで痩せられなかったのはスイーツを食べていたから。なので、これから1週間、大好きなスイーツをガマンする!」と宣言したとしますね。こんな状況で、24時間ずっと「スイーツをガマンする!」ことばかり考えていたとしたら、結局はスイーツのことばかり考えてしまいます。「ちょっとだけなら…」とスイーツを口にしてしまう確率が高そうです…(笑)

メンタルブロックも同じです。

もっとゆるく考えて、「どうせそのうちメンタルブロックが取り除かれているのなら、普段は忘れていて、メンタルブロックが発動したときに立ち止まって考えればOK!」くらいでよいのです。

僕の経験上、「どうせそのうちメンタルブロックが取り除かれている」のです。だから、「普段は忘れていて」OK。

また、メンタルブロックが取り除かれている状態は、あくまで結果としてついてきただけです。最終的に目指すゴールではありませんよね。

ステップ2で明らかにした、「本当はどうしたいのか?」が最終的に目指すゴールです。

ぜひ最終的に目指すゴールの方にフォーカスしてみてくださいね!

 

以上の5ステップを読んでみて、どう感じましたか?

「ステップ通りにやれば、メンタルブロックを取り除けるんだ!」「メンタルブロックは恐るに足らず!」と思ってもらえれば嬉しいです ^^

 

マーケティングにおける「8大メンタルブロック」

メンタルブロックの取り除き方をご紹介しましたが、次に気になるのが「メンタルブロックっていったいどのくらいあるの?」ということでしょうか。確かに、メンタルブロックは探そうと思えば無数に見付かりそうですが… ^^;

ご安心ください。

金持ちカウンセラーになるのに、全てのメンタルブロックを取り除く必要はありません。

例えば、「一人でラーメン屋に入れない…」という悩みを解決する必要なんてありませんからね(笑)

金持ちカウンセラーになるには、マーケティングに限定してメンタルブロックを取り除けばよいのです。

実は、マーケティングにおける代表的なメンタルブロックを分類すると、次の8つしかありません。

 

メンタルブロック1「欠乏感」
メンタルブロック2「完璧主義」
メンタルブロック3「他人の評価」
メンタルブロック4「確実性」
メンタルブロック5「失敗への恐怖」
メンタルブロック6「無価値感」
メンタルブロック7「楽」
メンタルブロック8「短期的」

 

簡単に解説しますね。

 

■メンタルブロック1「欠乏感」

「もっと学ばないといけない」「もっと売上を上げないといけない」「満席にしないといけない」といった、欠乏感からくる焦りのことです。欠乏感を持ったままでは、頑張っても頑張っても満たされることがありません。行動すればするほど、ツラくなっていきます。

欠乏感を取り除いて、常に精神的に余裕を持った状態で動くことが重要です。

 

■メンタルブロック2「完璧主義」

「もっとセッションの練習をしてから集客したい」「もっと仕上げてからブログを公開したい」「自分にはまだセミナーは早い」といった、完璧主義からくる先延ばしのことです。完璧主義のままでは、新しい行動を始めるのをためらいがちになってしまいます。また、時間がかかりすぎてしまいます。なかなかすぐには完璧にならないからです。

完璧主義を取り除いて、行動しながら改善していくことが重要です。

 

■メンタルブロック3「他人の評価」

「批判やクレームが来たらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」「自分がこんなことを発信していいのだろうか」といった、他人の評価が気になってしまうことです。他人の評価を気にしたままでは、大胆な行動を取りにくくなります。常に監視されているような感じになりますからね。

他人の評価を(無視するのではなく)気にせずに、身軽に動ける状態になることが重要です。

 

■メンタルブロック4「確実性」

「もっとよい方法はないだろうか?」「行動する前に正解を知りたい」「必ず成功するビジネスをやりたい」といった、確実性を求めることです。確実性を求めてしまうと、ノウハウコレクターやセミナージプシーになってしまいがちです。(行動することよりも)確実な方法を求め続けることに時間やお金を使ってしまいますから。

確実性へのこだわりを取り除いて、ちょっとずつ試しながら質を高めていくことが重要です。

 

■メンタルブロック5「失敗への恐怖」

「失敗したくない」「損したくない」「借金を抱えたくない」といった、失敗への恐怖を持つことです。失敗への恐怖を持ってしまうと、なぜかカラダがこわばってしまって動けません。生命を守るという、動物が生まれながらに持つ本能のためです。

失敗への恐怖を取り除いて、失敗との本当の付き合い方を知ることが重要です。

 

■メンタルブロック6「無価値感」

「どうせ私なんて…」「私の文章なんて読んでもらえない」「私が高額報酬を頂くのはおこがましい(値上げできない)」といった、自分に対する無価値感を持つことです。無価値感を持ってしまうと、売上・集客・クロージングなどで苦労しがちです。メッセージを堂々と主張したり、本来もらえるはずの正当な報酬を堂々と請求したりできなくなるからです。

無価値感を取り除いて、自信を持って堂々と動けるようになるのが重要です。

 

■メンタルブロック7「楽」

「一番楽な方法は何だろう?」「今すぐに成功したい」「うまくいっている人の方法をサクッとマネしたい」といった、楽を求めることです。楽を求めたままだと、うまくいくのは困難です。「行動したくない」と宣言しているようなものだからです。「行動したくない」と思いながらでは、行動しにくくなります。

楽を求める考え方を取り除き、あなたが本当に求めるもののために行動できるようになるのが重要です。

 

■メンタルブロック8「短期的」

「1年以上先の長期的なことは考えられない」「今日何すればよいかだけを考えればいい」「最近はいつも同じことの繰り返しになっている」といった、短期的な思考のことです。短期的な思考のままだと、いつまで経っても望むライフスタイルは得られないかもしれません。長期的な視点で考えられないため、効果的かどうかよりも目先の快楽を優先してしまって、安易に流されてしまうからです。

短期的な思考を取り除き、長期的な思考と日常とのバランスを取っていくのが重要です。

 

これら8大メンタルブロックに限定して、取り除いていけばOKです。

たった8つでよいなら、ホッとしますよね ^^

 

誰もが金持ちカウンセラーになれる

ここまで読んで頂いて、メンタルブロックを取り除いて金持ちカウンセラーになる方法がお分かり頂けたかと思います。

ぜひ記憶の新しいうちに、実際に手を動かしながら、5つのステップを試してみて頂ければ幸いです。

気付いたら、いつの間にかスイスイと行動できるようになっていますから ^^

 

今回ご紹介した5ステップを実践して頂ければ十分な成果が得られるはずですが、より確実で効果的な方法があります。

しかも、頑張らずに(笑) もちろん、信頼できる方法です。

実際に年商1億円以上稼いでいる起業家が、「8大メンタルブロック」を取り除いて、さらに、年収3,000万円クラスの成功脳に書き換える方法を教えてくれます。

あなたのライバルがこの秘密を知ってしまう前に、詳しい情報を知りたい方や気になる方はなるべく早くチェックしてみてくださいね。

 

>>> 「8大メンタルブロック」を取り除く、詳しい情報はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-カウンセラー
-

執筆者:

関連記事

<カウンセラーの無邪気すぎる質問に涙「あなたの夢はなんですか?」>の紹介

http://grapee.jp/184970   あなたは、夢をもっていますか? 大人になると、会社や家族など、周りのことが気になって「夢を持てない。持っても叶わない」と思ってしまうことも …

<★カウンセリングって、綱渡り。信じることが問題を作る>の紹介

http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12182720568.html   んで、 ま、色んな誤解を承知で言いますけど、 要は、 「いま、眼の前で起きた出来事は不 …

<電話カウンセリング「ボイスマルシェ」のバーニャカウダが6000万円を調達、法人向けの福利厚生サービスに軸足>の紹介

http://jp.techcrunch.com/2016/11/01/voice-raised/   「いま、割とカウンセリング市場が熱い。注目され始めた感じ」──そう語るのは、女性専用の …

<【稼げる資格】「プロフェッショナル心理カウンセラー」~傾聴力などコミュニケーションスキルで、人から感謝される仕事を~>の紹介

https://www.keikotomanabu.net/news/entry/201611/11000087/   心理カウンセラーは、いかに多くの人のケアをしてきたか、実績を積むことで …

<カウンセラー集客が上手くいくと、こんなにもメリットが!>の紹介

http://no1-support.jp/カウンセラー集客が上手くいくと、こんなにもメ/   さて、カウンセラー集客が上手くいけば、どのようなメリットがあるのか?   まずは、 「安心して …