一人起業家のための「メルマガ読者(リスト)の増やし方」

投稿日:

 

こんにちは! 倉林です。

この記事では、「どうやってメルマガ読者(リスト)を増やしていいのか分からない…」という一人起業家のために、「メルマガ読者(リスト)の増やし方」をまとめています。

この記事を読んで頂くと、メルマガ読者(リスト)の増やし方が分かります。

「自分ならどうするか?」とメモを取りながら読んでみてくださいね。

メルマガ読者(リスト)を増やすといいこと

まずは、メルマガ読者を増やすとどんないいことがあるのかをおさえておきます。

ポイントは、「発信力」「影響力」が増すことです。

■メルマガ読者(リスト)を増やすといいこと

・自分の考えをより広く発信できるようになる。

・自分が応援したい方を広く知ってもらうことができるようになる。

・セミナーなどへの集客力が増す。

・購入者数が増えて売上が上がる。

・アフィリエイト報酬額が上がる。(単価も総額も上がる)

・メルマガ広告を受注できるようになる。

ただし、闇雲に数だけを追うことは避けましょうね。ついやりがちです ^^;

メルマガ読者(リスト)の増やし方

 

くれぐれも言っておきますが…、勝手に送りつけるのはNGです。

■メルマガ読者(リスト)の増やし方

・交流会やセミナー、各種イベントを主催したときに許可を取る

・交流会やセミナー、各種イベントに参加したときに名刺交換して許可を取る

・過去に交換した名刺宛に許可を取る

・無料レポートスタンドにレポートを登録する

・プロダクトローンチなどのプロモーションを行う

・相互紹介する

・Facebookなどで告知する

・Facebook広告(リード獲得広告)

・広告を出稿する(Google、各種Webサイト、専門紙、専門誌)

・無料診断結果の詳細を送るかわりにメールアドレスを登録してもらう

・資料を送るかわりにメールアドレスを登録してもらう

・書籍の特典をプレゼントするかわりにメールアドレスを登録してもらう

・メルマガ会員制度を作ってメールアドレスを登録してもらう

・ブログやホームページにバナーを貼る

やってはいけないこと

 

メルマガ読者を増やすにあたり、やってはいけないことを挙げておきます。

ポイントは、「許可を得ない」「水増し」の2点です。

許可を得ないというのは分かりやすい迷惑行為です。

水増しは何が問題なのかというと、影響力が事実よりも大きく見えてしまうからです。例えば、「メルマガ読者が○万人いますので、あなたの商品やサービスを紹介したら反応があると思います。メルマガで紹介1回あたり20万円でいかがでしょうか?」というときの価格設定の根拠がなくなってしまいます。

■メルマガ読者を増やすにあたり、やってはいけないこと

○許可を得ない

・許可を取らずに登録する

・メルマガ解除したのに送り続ける

・許可なく第三者と共有する

○水増し

・自分でメールアドレスを作って自分で登録する

・架空のメールアドレスを登録する

・エイリアスを作って登録する

・有効でないメールアドレスをそのまま放置する

余談(倉林の実体験)

僕の実体験をご紹介しますね。

「メルマガ読者が○万人いますので必ずお役に立てます」と言って、アフィリエイト報酬(紹介報酬)を増額して欲しいと依頼してきたアフィリエイターさんがいます。そのごく一部に、先に挙げたような迷惑行為をする方がいました。

どういうことかというと、プロモーションの主催者、つまり、アフィリエイターさんにアフィリエイター報酬を支払う立場である僕に対してメルマガを許可なく配信し始めました(笑) しかも数種類のメルマガを毎日(笑)

こんなことをすると、当然迷惑メールに分類されます。僕以外の方にもほとんど読んでもらえないでしょうから、たいした効果もないと思うのですが、それでも続けるということは効果があるということでしょうか…。

また、何度メルマガを解除しても、メールサーバや差出人メールアドレスを変えて送ってこられました…(笑)この徹底ぶりはスゴいですね… ^^;

今は100%迷惑メールに分類されているので、特に大きな問題もないかと思って放置中です…。そのうち止まることを祈っています(笑)

1ヶ月で1,000名のメルマガ読者を増やした方法

僕の友人が実際に1ヶ月で1,000名のメルマガ読者を増やした方法をご紹介しますね。

全くの無名時代に行った方法ですので、どなたでもできると思います。

ポイントはこちらです。

(1) 交流会やセミナーに参加して、全員と名刺交換する。このとき、「メルマガを送らせて頂いてよろしいですか?」と元気よく言う。

(2) メンター、友人の起業家たちと相互紹介をする。

(3) 友人の起業家たちと対談動画を撮影し、これを無料プレゼントするかわりにメルマガ登録を促す。

(4) Facebook友達に個別メッセージを送ってメルマガ登録を促す。

 

一番効果が大きかったのは、(1)のようです。そして一番確実です。(2)〜(4)は正直なところ数が読めませんからね。

体力的になかなか大変ではありますが、メルマガ読者が少なくて困っている方はぜひ試してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-メルマガのツボ

執筆者:

関連記事

一人起業家のための「メルマガでの紹介依頼文の書き方」(セミナー編)

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「他の方のメルマガで自社のことを紹介してもらいたいけれど、紹介依頼文の書き方が分からない…」という一人起業家のために、「紹介依頼文の書き方」をまと …

一人起業家のための「読みやすく分かりやすいメルマガを30分で書く5つのステップ」

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「メルマガを書くのに1時間以上かかってしまう…」「メルマガの書き方が分からない…」という一人起業家のために、「読みやすいメルマガを30分で書く方法 …

一人起業家のための「メルマガとブログの違い」

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「メルマガとブログにはどんな違いがあるのか分からない…」という一人起業家のために、「メルマガとブログの違い」をまとめています。 この記事を読んで頂 …

一人起業家のための「メルマガ配信のマインドセットとメンタルブロック」

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「自分のメルマガを読む人がいるのか不安…」「解除が怖くてメルマガを送れない…」という一人起業家のために、「メルマガ配信のマインドセットとメンタルブ …

一人起業家のための「メルマガとは?」(目的・特徴)

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「メルマガにはどんなメリットがあるのか分からない…」という一人起業家のために、「メルマガとは何か」全体像をまとめています。 この記事を読んで頂くと …