一人起業家のための「読みやすく分かりやすいメルマガを30分で書く5つのステップ」

投稿日:2017年2月6日 更新日:

 

こんにちは! 倉林です。

この記事では、「メルマガを書くのに1時間以上かかってしまう…」「メルマガの書き方が分からない…」という一人起業家のために、「読みやすいメルマガを30分で書く方法」をまとめています。

この記事を読んで頂くと、読みやすいメルマガを30分で書く方法が分かり、メルマガに対する心理的ハードルがグッと低くなります。「メルマガを毎日書いちゃおうかな?」と思うかもしれませんね(笑)

「自分ならどうするか?」とメモを取りながら読んでみてくださいね。

読みやすいメルマガ5つのポイント

まず、「読みやすいメルマガ」を定義しておきます。この記事やWebサイト内では、読みやすいメルマガを次のように定義します。

■読みやすいメルマガ5つのポイント

(1) 読者にとってほどよい長さである。

(2) リズム感がある。(段落分けや写真が適度に入っている)

(3) 結論が分かりやすい。

(4) 根拠が分かりやすい。

(5) 事例が載っていてイメージがわきやすい。

なお、この記事では、文字数は1,000文字程度を想定しています。ヘッダーやフッターは除いて、本文のみの文字数です。

なぜ1,000文字なのかというと、読者にインタビューした結果です。毎週1回以上送る場合には1,000文字程度までにしておくのがよいようです。

読みやすいメルマガを30分で書く5つのステップ

読みやすいメルマガを30分で書くためのステップはこちらです。

■読みやすいメルマガを30分で書く5つのステップ

(1) キッチンタイマーをセットする。

(2) ゴールを決める。

(3) 結論を決める。

(4) 根拠や事例を決める。

(5) 執筆する。

なお、文字数は1,000文字程度を想定しています。

5つのステップがありますが、一番大きなポイントは「キッチンタイマー」です。「メルマガを書くのに1時間以上かかってしまう…」「メルマガの書き方が分からない…」という問題のほとんどはキッチンタイマーを使えば解決できます。

「30分で書こう」「あ、残り15分だ」「あと5分だ」というように、残り時間を意識するだけで、「何とかしてメルマガを書き上げよう!」という思いが無意識にわいてきますから。キッチンタイマーを目の前に置きながらもそれを無視できる人は…大物です(笑)

とはいっても、30分で書き上げるだけがゴールではありませんよね ^^;

「読みやすい文章の書き方」もご紹介しますね。

 

 

(続く)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-メルマガのツボ

執筆者:

関連記事

一人起業家のための「メルマガ読者(リスト)の増やし方」

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「どうやってメルマガ読者(リスト)を増やしていいのか分からない…」という一人起業家のために、「メルマガ読者(リスト)の増やし方」をまとめています。 …

「ワンポイントアドバイス!」とアピールするレールスレディ

一人起業家のための「1ヶ月でムリなくできるメルマガ配信の始め方」

こんにちは! 倉林です。 この記事では、「メルマガをなかなか始められない…」という一人起業家のために、「1ヶ月でムリなくメルマガを始める方法」をまとめています。 記事内でご紹介している「5ステップ」を …

一人起業家のための「メルマガ配信のマインドセットとメンタルブロック」

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「自分のメルマガを読む人がいるのか不安…」「解除が怖くてメルマガを送れない…」という一人起業家のために、「メルマガ配信のマインドセットとメンタルブ …

一人起業家のための「メルマガでの紹介依頼文の書き方」(セミナー編)

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「他の方のメルマガで自社のことを紹介してもらいたいけれど、紹介依頼文の書き方が分からない…」という一人起業家のために、「紹介依頼文の書き方」をまと …

一人起業家のための「メルマガとは?」(目的・特徴)

  こんにちは! 倉林です。 この記事では、「メルマガにはどんなメリットがあるのか分からない…」という一人起業家のために、「メルマガとは何か」全体像をまとめています。 この記事を読んで頂くと …