どうしたらセラピストが集客の悩みから解放されるのか?

投稿日:

 

セラピストの方にとって集客はいつまでたっても課題ですよね。

うまくいったと思って気を抜くと、とたんに集客に困るようになります… ^^;

 

アロマテラピーと自然療法の専門誌『アロマトピア(aromatopia)』に、セラピストの方に役立つ集客のお話が載っていたので、一部をご紹介しますね!

テーマは「集客とは恋愛である!」です。

 

あなたのファンをつくる!

(省略)

TO-RU:認知してもらうテクニックはコンサルとかでやっているよね。でも大事なのはその先よね。

小澤:人を振り向かせる自分の魅力を相手に伝えられるか、相手がそれを見つけてくれるか。要は「ファンになっていただく」ということじゃないですか。相手がこっちに対して気づきを持ってくれないと「また小澤さんにやってもらいたいな」とはならない。セラピストの集客でこれが今一番足りない。

藤原:いわゆる集客テクニックに走ってしまっている。私たちセラピストは、一日1〜2人しか相手にできない仕事なので、何千人という人を集める必要はないのに、それをやってしまっているんですよ。で、毎日ブログを更新したりして、疲れちゃうのね。

TO-RU:なんかそれだとセラピーよりもブログの更新の方が本業に…。

自分の頭で考えていますか?

──集客できないと言う人は、人と向き合えていないということですか?

藤原:自分とも向き合えていないのかも。マニュアルに則ってやれば、うまくいくと思っているような気がする。

小澤:マニュアルがあり過ぎて、自分で考えることが減っているんじゃないかな?「なんのために来てくださったんだろう」「何を求めているんだろう」と疑問を持つところから、自分ができることを考える。考えた結果、それが良くても悪くても、どんどん蓄積していって「ダメな所は次こうしよう」と試行錯誤することも、考える力じゃないですか。それがね、みんな「どうしたらいいですか」ってすぐ聞いちゃう!

藤原:そうなの!

TO-RU:集客する方法ばかり考えてるからよ。お客様をどうやって喜ばせるかを考えた方が集客率が上がるのよ。

小澤:まさにそう!

藤原:それ真理だと思う!

 

集客の悩みから解放されるためには集客する方法ばかりを考えないことが重要です。もちろん、集客について学ぶのはよいと思いますが、表面的な方法にすがるのは止めたほうがよいでしょう。

原点に帰り、「自分はそもそも何のためにセラピストになったのか?」を見つめ直してみるとよいかと思います。

このちょっとした考え方で、結果が大きく変わりそうですね!

参考になれば幸いです ^^

参考

『アロマトピア(aromatopia)』

アロマトピア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-サロン
-, ,

執筆者:

関連記事

<自宅でエステサロンを開業したいのですが、…>の紹介

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1431693364?__ysp=44K744Of44OK44O86ZuG5a6i …